【さとふる】ふるさと納税支払い(決済)方法は?お得なクレジットカード情報も!

みのりたです。

ふるさと納税サイトってたくさんありますが、サイトごとに支払方法って異なるんでしょうか?できれば自分がよく使う方法を利用できた方が便利だし何かとお得でうれしいですよね。

今回は有名なふるさと納税サイト「さとふる」の支払い方法(決済方法)にはどんなものがあるのかを調べてみました。また、利用するクレジットカード(クレカ)によってはポイントがお得になるものもありましたのでご紹介します。

さとふるを使われている方、これから使いたいとお考えの方は参考にしてみて下さい。

さとふるの支払い方法(決済方法)の種類

ふるさと納税に利用できる支払方法一覧

さとふるでふるさと納税を行う際、使える支払い方法(決済方法)は以下の通りです。

さとふるで利用可能な支払方法

  • クレジットカード決済(VISA, MasterCard, JCB, AMERICAN EXPRESS, Diners Club International)
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • auかんたん決済
  • ドコモ払い
  • コンビニ決済
  • Pay-easy(ペイジー)決済

クレジットカードに関しては、主な国際ブランドが使えますので、日本国内で発行されたカードであればほぼ全てが利用可能だと思います。

「ソフトバンクまとめて支払い」「auかんたん決済」「ドコモ払い」は各通信会社とスマホや携帯電話を契約されている方が使える方法で、携帯電話料金と同じ支払方法がふるさと納税にも使えるというものです。その通信会社によってポイント優遇などもありますので、家計のカードを1枚にまとめていらっしゃる方などは便利に使える方法ですね。

コンビニ決済は申込み後に発行される受付番号をもとに、コンビニ店頭で後払いをする方法です。

そしてPay-easy(ペイジー)は提携している金融機関のインターネットバンキングなどを利用して、ご自身の口座から直接お支払いができる方法です。

 

各支払方法の利用条件

上記でご紹介した支払い方法は、常にすべて使える訳ではありません。寄附する自治体や金額によって選べる方法が異なります。

自治体による決済方法の違いは、実際に寄附申込み画面に移ってみないと分かりませんが、金額による違いは予め以下の通り決まりがあります。クレジットカード以外の方法では利用金額に上限がありますので、ご注意ください。

支払方法 利用可能金額
クレジットカード決済 特になし
(カード会社での設定上限以下)
ソフトバンクまとめて支払い 100,000円以下
auかんたん決済
ドコモ払い
コンビニ決済 50,000円未満
Pay-easy(ペイジー)

特に注意したいのは、利用上限が各通信会社のまとめ払いでは10万円以下、コンビニ決済やペイジー決済では5万円未満となっている点です。800万円以上収入があるような方ですと、ふるさと納税の上限額はどちらの制限も超えてしまうでしょう。クレジットカード以外の決済方法を選ぶ場合は、少額決済の時しか使えないということを覚えておいた方が良いかも知れません。

さとふるからふるさと納税をするならこちらからどうぞ↓↓↓
CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

【注意】ふるさと納税の納付日について

これはさとふるに限りませんが、ふるさと納税の寄附金を支払うのに使う決済方法によって「納付日」の扱いが異なります。

クレジットカード決済

クレジットカードの場合は、多くのネット通販同様、大抵は申込日=決済日となりますので、そのまま決済日=納付日となります。クレジットカード会社やサイトによって多少前後することはあるかも知れませんが、基本的にはその年の12月31日までに申し込めば、駆け込み寄附が間に合うわけですね。

 

通信会社各社を通じた決済

ソフトバンクまとめて支払い、auかんたん決済、ドコモ払いも、通信会社が介入しているもののクレジットカードで支払うことに変わりはありませんので、上記のクレジットカード決済と同じ扱いになります。

 

コンビニ決済・ペイジー決済

注意したいのはコンビニ決済やペイジー決済です。これらは申込み完了時点ではまだ「仮押さえ」状態で、実際に寄附処理が完了するのは実際に支払(入金)を行った日になります。

よって、例えば2019年の12月31日にサイト上で申し込んだ場合、その日中に支払い処理を行えば2019年度の寄附金として扱われますが、うっかり忘れて支払い処理が2020年1月1日以降となった場合、それは2020年度の寄附金として扱われてしまいます。

自治体やふるさと納税サイト側に「どうにかしてくれ」と頼んでもどうにもならない可能性が高いですので、特にコンビニやペイジーで支払を行う場合は、なるべく時間に余裕をもって申込みをしましょう。

早速さとふるからふるさと納税をする↓↓↓
CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

さとふるでポイントがお得になるクレジットカード

さとふるをよく利用される方や、これから使ってみたい!という方なら、「使う金額大きいし、折角ならお得にクレジットカードのポイントを貯めたい」と思われますよね。

どんなクレジットカードでも大体使えるので、逆に特別お得なサービスってないんじゃないかな?と私も思っていたのですが、調べてみると、さとふるを使うならこれ!というお得なカードがありました。

それが三越伊勢丹グループの㈱エムアイカードが発行する「MICARD(エムアイカード)」です。

どの辺がお得なの?と言うと、ざっと以下の3点です。

さとふる&MICARDお得ポイント

  • さとふるでの利用分の還元率がいつでも2.5%!(通常の5倍)
  • 今なら新規入会で2000ポイントプレゼント!
  • さとふる利用で1万円ごとに1000ポイントプレゼント!(MAX8000ポイントまで)

還元率が2.5%はなかなか凄いですね。1万円の寄付でも250円分のポイントが付きますから、年間10万円寄附すれば、それだけで2500円分のお買い物がタダになります。

貯まったポイントは三越伊勢丹グループの百貨店で1ポイント = 1円で使うことができるほか、以下のような提携先ポイントへの交換もできます。

エムアイポイント交換先例

  • JALマイレージ(1ポイント => 0.5マイル)
  • ANAマイレージ(1ポイント => 0.25マイル)
  • JTBトラベルポイント(1ポイント => 1ポイント)
  • WAONポイント(1ポイント => 1ポイント)
  • ビックポイント(1ポイント => 1ポイント)
  • ニトリメンバーズポイント(1ポイント => 1ポイント)
  • スタバカード(1ポイント => 1円分)
  • すかいらーくWeb優待券(1ポイント => 1円分)

※ポイント交換にあたっては、それぞれの提携先で必要となる最低ポイントが異なります。

その他、クレジットカードを作るとなると年会費とか気になりますが、エムアイカードはどうなんでしょう?

<エムアイカード年会費>

①一般:初年度 無料、2年目以降 500円+税
②ゴールド:初年度から5000円+税

ゴールドでもないのに、今時年会費のかかるカードはちょっと…って思っちゃいますよね。ですがこの年会費、以下の2条件を両方満たすと毎年無料になるんです!

年会費が無料になる条件

  • WEB明細登録
  • 年1回以上カードを利用

紙での明細書がどうしても欲しい!という方でなければ、さとふるでふるさと納税を1回以上すれば条件を簡単に満たせますので、実質年会費をかけずにカードを持ち続けることができます。

ふるさと納税の支払いは高額になりがちですので、せっかくならお得にポイントを貯めたいものです。さとふる特有のポイント優遇があるのは今の所エムアイカードのみのようですので、さとふるをよく使う!という方はサブカードとして持っておいても損はないのではないでしょうか。

まとめ

ふるさと納税サイト「さとふる」で使える支払い方法(決済方法)をまとめてご紹介しました。ほぼすべてのクレジットカード払いの他、ドコモ・au・ソフトバンクといった携帯キャリアが提供しているまとめ払いやコンビニ決済、ペイジー決済と多彩な支払方法に対応してくれています。

クレカ以外の支払いの場合には、寄附可能金額や寄附の納付日の扱いに注意が必要ですが、ご自身に合った支払方法を選べるのは魅力的ですよね。

また、記事の後半ではさとふるでよく寄附をするという方向けにポイントがお得に貯まるクレジットカード、三越伊勢丹グループが発行しているエムアイカードもご紹介しました。

ふるさと納税は全般的に利用金額が大きいですから、できればクレカのポイントも上手に貯めたいですよね。是非自分なりのお得MAX術を探してみて下さい。

気になる方はこちらからどうぞ↓↓↓

エムアイカード詳細はこちら