信用金庫の出資金への配当金ランキング【関東地方】!東京は利率低め?

みのりたです。

高金利で元本割れの心配がない資産運用法として、信用金庫(信金)へ出資するという手段があります。資金の流動性が非常に低く、簡単に解約できないというデメリットはありますが、どこの信金でも1パーセント以上の配当金が得られるので、長期で安定的に資産を増やしたい方には適したお金の置きどころだと思います。

信用金庫への出資金って何?という方は、こちらの記事をどうぞ。

信用金庫で金利4パーセント!?出資金とは?上限や解約・払い戻し方法も!
信用金庫で金利4パーセント!?出資金とは?上限や解約・払い戻し方法も!

今回は、全国の中でも関東地方の信用金庫全54行の内、配当利回りの高い所をランキング形式でご紹介します。東京含め関東地方にお住まいで、信金への出資金に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

その他地方など全国的なまとめはこちら↓↓↓

信用金庫出資金への配当金ランキング【全国版】2018年の最高利率は?
信用金庫出資金への配当金ランキング【全国版】2018年の最高利率は?

出資金の配当利率調査方法

各信用金庫のサイトで公表されている最新版(平成29年度版)のディスクロージャーの中から、出資に対する配当金(出資1口あたり)配当率の欄を確認しました。

ディスクロージャーとは、『企業が投資家や取引先などに対し、経営内容に関する情報を公開すること。企業内容開示。』(三省堂「大辞林」より)を意味しており、前年度のとりまとめ情報が7月頃に発表されるのが一般的です。

ディスクロージャー確認方法

  1. 各行公式HPのトップページにある「○○信用金庫(○○しん)について」というボタンをクリック
  2. 開いたページ内に「ディスクロージャー(誌)」という欄があります

なお、出資金に対する配当金に関する情報は、主に「資料編」という名の付いた冊子の「剰余金処分計算書」に記載されています。本記事ランキング中の信用金庫名にも、各信金のディスクロージャー最新版へのリンクが貼ってありますので、興味のある信金の情報は、1度目を通されてみることをおすすめします。

 

信用金庫の出資金配当ランキング 関東地方編

それでは早速ですが、関東地方1都6県(群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)の信用金庫における、出資金配当率ランキングを発表します。他地域に比べ、関東地方の信金は全体的に経営に苦心しているような印象を受けました。

第1位 結城信用金庫他4行


第1位は、茨城県の結城信用金庫、神奈川県の横浜信用金庫、川崎信用金庫、中栄信用金庫、そして中南信用金庫の全5行が同率で、配当利率は4%でした。

他の地方と比べると、例えば東海地方なら最高で8%という数値を出している信金もありますから、関東地方は第1位の利回りが低めであることがお分かり頂けると思います。

個人的に、この要因は以下の2点が挙げられるかなと思います。

  1. 都心に近く、メガバンクをはじめ融資の選択肢が非常に多いので、どうしてもマイナーな信金は不利になりがち
  2. 地域の繋がり自体が希薄な地域が多い

都心に近いのが不利なら、横浜や川崎なんてもっと利率低くなりそうですし、地域のつながりが希薄=都会の話だとすると、群馬・栃木・茨城は逆に利率高くても良さそう(失礼!)な気もします。あくまでみのりたの勝手な推測ですので、1つの説として読み流して頂ければと思います。

 

第2位 高崎信用金庫他14行


1位が4%でしたから、2位の配当利率は3%となり、これまた同率の信金が団子状態でした。ちょっとランキングにならなくなってしまったので、順位付けはここまでとさせて頂きました。

ちなみに、配当率3%の信金は以下の全26行です。

【群馬県】出資金に対する配当利率一覧

ランキングがちょっと微妙な形で終わってしまった所で、参考情報として、関東地方(東京除く)の全信用金庫の、出資金に対する配当利率一覧をご紹介します。

注意

  • 2017年度(平成29年度)の税引き前利率になります
  • 利率の隣に※印で年度と下落・上昇と記載されている信金は、配当金に変動のあった所です。記載された年度に配当金が減ったり増えたりしたことを表しています。

まずは群馬県です。群馬県内7つの信用金庫の配当率が以下になります。

利根郡信用金庫は2015年度に+1%の記念配当がありました。このように、信用金庫の開業○周年!というような節目の年には、配当金が多くもらえる年もあります。

 

【栃木県】出資金に対する配当利率一覧

次に、栃木県内に存在する全信用金庫の配当利率を以下に示します。佐野信用金庫は珍しいパターンで、昨年度から配当金をアップさせてくれています。出資者としてはもっと応援したくなりますね!

 

【茨城県】出資金に対する配当利率一覧

次は、茨城県内に存在する全信用金庫の配当利率です。結城信用金庫は2014年度まで、8%もの利回りがありましたが、残念ながら2015年度に現状の数値まで下落してしまいました。

 

【埼玉県】出資金に対する配当利率一覧

続いて、埼玉県の全信用金庫の配当利率です。埼玉には4つの信用金庫がありますが、全て2017年度の利回りは3%となっていました。

【千葉県】出資金に対する配当利率一覧

続いて、千葉県の全信用金庫の配当利率です。ちょっと数値が低めの所が多いですが、特にここ数年で下落している傾向は見られませんでした。

むしろ館山信用金庫では、前年から配当金が2%→2.2%とわずかながら上昇しています。少しでも利益を還元しようとしてくれる姿勢が嬉しいですね。

 

【東京都】出資金に対する配当利率一覧

更に続いて、東京都の全信用金庫の配当利率一覧をご紹介します。東京だけで23もの信金があったのは驚きましたが、どこも近年利回りは低下傾向にあるようです。2017年度に3%を超えた信金は1つもありませんでした。

 

【神奈川県】出資金に対する配当利率一覧

最後に、神奈川県の全信用金庫の配当利率です。関東の中では、最も全体的に利回りが高めでした。

あれ?と思われた方もいるかも知れませんが、かながわ信用金庫は一口あたり30円の配当なのに、配当率3%となっています。出資金の単位金額が500円だとすると、6%となるはずですよね。ディスクロージャーには配当率「3%」と明記されていますので、こちらは出資金が1000円単位となっているようです。

 

まとめ

信用金庫の出資金への配当利率が高いランキング関東地方編をお伝えしました。

東京を含め、関東では全体的に利率が低めで、信用金庫が金融機関として経営にやや苦戦している様子が伺えるようでした。

とは言え、どこも普通に定期預金や貯蓄性の保険で貯めようと思ったら、なかなか難しい金利で利益を還元してくれています。地元を応援する意味でも、信金への出資金を出す意義は大きいと思いますので、関東地方にお住まいの方は、1度最寄りの信金を訪ねてみてはいかがでしょうか。

その他地方など全国的なまとめはこちら↓↓↓

信用金庫出資金への配当金ランキング【全国版】2018年の最高利率は?
信用金庫出資金への配当金ランキング【全国版】2018年の最高利率は?