赤ちゃん筆はいつから作れる?何ヶ月から何歳までか先輩ママの口コミも!

みのりたです。

赤ちゃん筆(胎毛筆)を作ってみたいとお考えのママさんパパさん、我が子はいつ頃になったら赤ちゃん筆を作れるようになるのか、気になったことはありませんか?

みのりた家も子供が2人おり、2人とも赤ちゃん筆を作りましたが、作れるようになった時期は子供の髪の生え具合によってマチマチでした。

今回は、赤ちゃん筆を作れるようになる時期について、平均的な月齢や先輩ママさん達が実際にどんなタイミングで作ったのか、口コミなども調べてみましたので、ご紹介します。

赤ちゃん筆についてもっと知りたい方はこちらもどうぞ↓↓↓

赤ちゃん筆に必要な長さは何センチ?少ない時など髪の毛の量についても解説!
赤ちゃん筆に必要な長さは何センチ?少ない時など髪の毛の量についても解説!

赤ちゃん筆が安いのはどこ?いくらが相場か人気ランキングと実体験紹介!
赤ちゃん筆はいつから作れる?何ヶ月から何歳までか先輩ママの口コミも!

赤ちゃん筆(胎毛筆)とは

赤ちゃん筆は別名「胎毛筆」とも呼ばれるもので、生まれてから1度も切っていない髪の毛を使って作った毛筆のことを指しています。

みのりた家の2人の子供は両方とも赤ちゃん筆を作りました(それぞれ違うメーカー)が、基本的に筆自体はどこで作っても似たような物になると思います。

※オプションを付けたりデザインに凝れば、見た目はかわいくしたりオシャレにすることはできます

ちなみにこの赤ちゃん筆、毛筆の形を成してはいますが、書道用ではありません。確か、特殊な加工をして実用可能にすることもできるメーカーがあった気がしますが、せっかく作る赤ちゃん筆ですから、「お守り」として大切に取っておくのが良いのではないでしょうか。

みのりた個人としては、その内子供が大きくなって、昔の思い出話をしながら懐かしむのに丁度いいかな、ぐらいの感覚です。

赤ちゃん筆を作れる時期の目安

赤ちゃん筆を作れるようになる時期は、お子さんの髪の毛の量によって個人差が非常に大きいです。必要な髪の量・長さが揃ってさえいれば、別に生後数ヶ月で作っても良いですし、逆に髪の少ない赤ちゃんであれば、しっかり伸びるまで2~3年待っても良いのですから。

特にこれと言って「この時期に作るべき!」という決まりがある訳ではありません。

赤ちゃん筆を作る時期の注意点

とは言いながら、注意したい点が2点あります。

1点目は、赤ちゃん筆は胎毛=生まれつき生えていた髪の毛で作る物ですから、1度でもヘアカットしてしまうと以後は作れなくなってしまう点です。

髪の毛はだんだん伸びていきますから、生まれ持った胎毛というのは事実上、毛先の部分を意味します。初めてカットする毛先で筆を作ることに意味がありますので、「ちょっと揃えようかな」なんて気軽にカットしちゃダメですよ!

もしどうしてもカットせざるを得ない事情があって、既に赤ちゃんの髪を切ってしまったという場合は、その髪を取っておいて、後日赤ちゃん筆の製造メーカーに送るという手もあります。髪の毛自体は何年も保存ができますので、大切に保管しておくことをおすすめします。

2点目は、髪の生え変わる周期です。一般的に、髪の毛は4年ほどで生え変わると言われています。即ち、例え全く髪の毛を切らなくても、4歳になる頃には、生まれつき生えていた毛は全て抜け落ちてしまうことになります。

もし赤ちゃん筆を検討されていて、そのために髪を伸ばしているというご両親がいらっしゃいましたら、4歳になる前には作ることをおすすめしたいです。

豆知識
髪(頭髪)以外の「毛」の寿命ってどの位か、ご存知でしょうか?

主だったところの平均値は、髭(ひげ)が200~300日、眉毛(まゆ毛)が30~150日、脇毛(わき毛)が100~200日だそうですよ。 髪の毛以外は、意外と寿命が短いんですね。

 

赤ちゃん筆を作るおすすめの時期

我が家の経験談から言うと、1歳前の赤ちゃんを大人しく座らせて髪を切るのは、なかなか至難の業でした。みのりたは自身の不器用さを自覚しているので、端から床屋か美容室へ行こうと心に決めていましたが、いざ行った床屋さんでは、息子がギャン泣きの大暴れ。

それでもさすがプロ、隙を見て素早く的確に必要な髪をカットしてくれただけでなく、きちんとかわいく整えてくれましたが、もう少し様子を見ても良かったかなぁ…と思いました。

一方、2人目の娘は1歳過ぎて美容室へ連れて行きましたが、全く身動きせず極めてお利口さんにしていてくれました。子供の性格による所もあるでしょうが、既に保育園へ行き始めており、親以外の大人に慣れていたことも大きかったと思います。

とりあえず人見知りがあり、かつ大人しく座っていられない時期は、なるべく避けた方が無難です。

ご自身で髪をカットされる場合で、赤ちゃんの髪が十分にあるならば、むしろ身動きできない内に切ってしまうのも手かも知れません。

赤ちゃん筆をいつ作った?先輩ママ・パパの口コミ

みのりた家のケース

先輩ママ…と自分で言うのは変な気がしますが、体験談の一つとして、まず我が家のケースをご紹介します。

1人目の息子の時:育休が明ける前にと思ったので生後10ヶ月で散髪&発注→2ヶ月程度で完成の連絡あり

2人目の娘の時:少しのんびりして1歳1ヶ月で散髪&発注→3週間後には完成の連絡あり

息子と娘で発注した赤ちゃん筆の製造メーカーが違ったためか、完成の時期も大分変わりました。正直、特に急ぐ物でもなかったので、完成時期にあまりこだわりはありませんでした。

 

世間の先輩ママ・パパ達の口コミ

実に様々ではありましたが、早い方では半年、ゆっくり目の方では3歳という声がありました。全体的には1歳代が多かったかな、という印象です。

■1歳未満で赤ちゃん筆を作った方の声

■1歳代で作った方の声

■2歳以降で作った方の声

まとめ

赤ちゃん筆を作るのに適した時期(いつからいつまで)と、実際に赤ちゃん筆を作った先輩ママ・パパ達がいつ作ったのか、口コミをご紹介しました。

早い子では生後半年位には作れてしまいますが、逆に髪の薄い子であれば3歳くらいまで伸ばして作ったという声もありましたね。みのりた家では2人の子供に両方とも1歳前後で赤ちゃん筆を作りましたが、じっとできない時期に作るとヘアカットの失敗率も上がるので、少し落ち着いてから作るのが良いかな、と感じています。

髪の生え代わりにだけは注意しつつ、あまり他の子に捉われずにお子さんの成長を見ながら、是非ベストなタイミングで作ってあげて下さい。

赤ちゃん筆についてもっと知りたい方はこちらもどうぞ↓↓↓

赤ちゃん筆に必要な長さは何センチ?少ない時など髪の毛の量についても解説!
赤ちゃん筆に必要な長さは何センチ?少ない時など髪の毛の量についても解説!

赤ちゃん筆が安いのはどこ?いくらが相場か人気ランキングと実体験紹介!
赤ちゃん筆はいつから作れる?何ヶ月から何歳までか先輩ママの口コミも!