台風コロッケ騒動ってサザエさんが元ネタなの?日立がやらかした広告情報も!

みのりたです。

2018年の夏も台風がボチボチ上陸し始めましたね。そんな台風シーズンになると、ネット界隈で毎年話題になるのが、「台風コロッケ」です。

台風が来るとコロッケが食べたくなるだの、イオンで台風の日はコロッケの売上が増えるだの、都市伝説のように語られていますが、台風とコロッケに実際どんな関係があるというのでしょうか?

今回は、台風コロッケって何!?という方のために、台風コロッケの真相について調べてみましたので、ご紹介します。

台風コロッケ騒動とは

台風コロッケ騒動というのは、毎年台風が接近するとネット上で「コロッケ買ってくる」「コロッケ食べた」という旨の書き込みが増加し、実際にスーパーなどでコロッケの売行きが増加するという現象です。もう10年以上も続く、もはや風習と呼んで良いネット上でのお祭りみたいなものですね。

ねとらぼが2012年に行ったアンケート調査では、台風コロッケを知っていると回答した人は7割にも上るそうです(回答者約300人)。ただし実際にコロッケを食べたという人は約3割に留まっていますので、知ってはいるけど食べたことない…という方も多いのではないでしょうか。

参考:ねとらぼ世論調査(仮)結果 台風コロッケ、食べた人は約3割

ちなみに、Twitterでも毎年台風シーズンに、「台風コロッケ」がトレンドワードにランクインすることがあります。2018年も先日、台風12号が前代未聞のコースを辿って上陸しましたが、その際も早速多くの人がつぶやいていました。


台風の日はコロッケが飛ぶように売れます

 

台風コロッケの元ネタ・由来

この台風コロッケ、元ネタ(由来)は何なのでしょうか?ネット上での風習というだけあって、その由来も大きく分けて2つの説がありました。

  1. 2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で書き込みした人がいた
  2. サザエさんで「台風コロッケ騒動」というタイトルの回があった

1の2ちゃんねるが正確な元ネタで、何と始まりは2001年までさかのぼります。今から17年も前ですね!

2001年8月21日に2ちゃんねるニュース速報板の「【台風11号パブーク】上陸秒読み実況スレッド 14号」というスレッドで、111番目に「念のため、コロッケを16個買ってきました。もう3個食べてしまいました」という書き込みがされたのがきっかけです。

そこからまったり、ほっこりしたネット民の皆さんが盛り上がり、台風が来たらコロッケを買いに行く/食べるという風習が定着していったのですね。

では、2のサザエさんが台風コロッケの元ネタとする説は何なのでしょう?噂によると、1989年7月16日にTV放送されたサザエさんで、「台風コロッケ騒動」というタイトルの話があった、とされています。しかし、実際にこのような回があったという証拠は見つかりませんでした。強いて言えば、Wikiからタラちゃんの好物がコロッケだという情報が得られた位です。

よって、サザエさん説の真相は未だ闇の中なのですが、台風が接近している時って早く家に帰りたいですよね。お買い物中の主婦の皆さんも、「ノンビリ買い物してられないわ!」と思っても不思議ではありません。そんな時にパパッと手早く用意できるおかずとして、手軽なお惣菜であるコロッケが選ばれてもおかしくないと思いませんか?

サザエさんの「台風コロッケ騒動」なる幻の回も、こんな展開だったのかも知れません。いや、あくまでみのりたの勝手な想像ですが。

  1. 磯野家で台風の日に夕食のおかずをコロッケにした
  2. コロッケが好物のタラちゃん大喜び
  3. 別の台風が来た日に「またコロッケ食べれる!」と喜ぶタラちゃん
  4. おかずが違ってがっかり
  5. 台風の日はコロッケ!と、暴風雨の中買いに行こうとする
  6. 皆でタラちゃんを探しに行く
  7. カツオ達に諭され反省したタラちゃん、別の日にコロッケ食べてご満悦

台風の日はコロッケの売上げが増えるのは本当か

天下のイオンさんはこのネット上の風習に目をつけ、一部店舗で実際にコロッケが完売したこともあり、昨年はコロッケを5割増しで用意して、台風コロッケ祭りに備えたようです。

その結果、実際にコロッケが完売した店があったようで、台風コロッケによるリアルな売り上げ増が証明された形となりました。

参考︰イオン「台風コロッケ」やっぱり売れた 在庫量1.5倍に増強

また、ちょっと古いデータですが、ぐるなびが2013年に実施した調査でも、実際に台風が接近した日はぐるなびで「コロッケ」と検索される数が増えたという結果が報告されています。

参考:「台風が来るとコロッケを食べる!」という文化を調査した結果とは?

しかし一方で、ヨッピーさんが実際に商店街でコロッケを販売しているお店に売上げのほどを聞いてみると、店主達は全く台風コロッケを知らなかったばかりか、売上げにも特に変化は無かったそうで…

ねとらぼの調査結果でもあったように、実際にコロッケを食べた人は結構少ないようなので、個人商店レベルでは「台風コロッケ」の恩恵があまり受けられていないのかも知れません。ていうか、この情報を知ってお店でもイベントやれば、増えそうな気もしますけどね。

参考:台風の日にコロッケの売り上げは伸びるのか? 実際に調べてきた

みのりた個人としては、こういうネットの都市伝説がリアルに影響を及ぼす的なノリは好きです。んでもって、基本的にイオンあまり好きじゃないんですが、コロッケは美味いと感じているので、今年は祭りに参加してみようかな…という気になってきました。

日立システムズの台風コロッケ広告事件

台風コロッケ関連で、もう1つネタになっていたニュースがあったので、ご紹介します。

日立システムズという会社が、2013年にソーシャルデータ活用分析の事例として「台風コロッケ」を挙げ、大々的に新聞広告を出した、というものです。


日立システムズのサイトでも当時の特集記事が読めるのですが、それによると、

日立システムズが提供する異業種間のデータ流通やビジネスマッチングを支援するオープンイノベーションサービス「Smart Business Gateway(スマートビジネスゲートウェイ)」を使い、ツイッターやブログなどのソーシャルメディアに投稿されたデータ内容を分析。今回は「コロッケ」をキーワードに2012年3月19日から13年3月17日までの投稿を収集。投稿数の推移や地域、同時投稿されたワードなどから分析した

結果、「台風」と「コロッケ」という一見無関係そうなワードが結び付けられ、台風の日にコロッケを増産したりすれば、新たな販促需要に絡められますよ、と仰っておいでです。そして、

ソーシャルメディアから、コロッケと台風のように、ある製品とセットで語られる意外なワードが発見できる可能性もある。

と記事は締められている訳です。「ソーシャルメディアの分析どや!すごいやろ!!」という結論ですね。

引用記事:ソーシャルデータ分析 特集記事1 台風の日にコロッケが売れる!?

しかし、元ネタの項で書いたように、元々台風コロッケは2001年から続いているネット上の風習です。敢えてビッグデータを用いて解析した結果、得るような結論ではないのですよね。

実際、ネット上ではこの記事や広告が失笑されたようで、当時も話題になりました。これが日立がやらかした台風コロッケ広告事件(勝手に命名)です。

いやー、今読んでも恥ずかしいですよね…ネットのネタを全然知らない(そしてこれからも一生知ることは無い)人だったら、「へぇー!」って言ってくれるんでしょうか。

解析した人間も「大発見やで…!」という気持ちで発表したんでしょうね。だからこその新聞広告だったのでしょう。

いやはや、事前調査って大事ですね。何なら「台風 コロッケ」とググるだけで良かったのに。お堅いイメージのある日立さんだからこそ、よりやらかした感が漂う事件でした。

まとめ

毎年台風シーズンになるとネットを賑わす「台風コロッケ」騒動について、その内容と元ネタ、実際に店舗で売り上げは増えるのか?について解説しました。

2ちゃんねるで最初に発言した人は、まさか自分の何気ない書き込みがここまで一大イベントに広がるなんて、思いもしなかったでしょうね。

また、関連ニュースで面白かった日立ネタについても、追加でご紹介しました。みのりた自身も業務で市場調査など実施することがありますが、こうはならないように、日頃からネット上の話題なども情報収集しておかないといけないな、と反面教師にさせて頂きます。

今年もこれから台風シーズンが本格化します。本記事や参考記事を読んで台風コロッケに詳しくなった皆さんも、是非1度お祭りに参加してみてはいかがでしょうか。